設計計算サービス

  1. 必要事項の
    ご入力
  2. 入力内容の
    ご確認
  3. 完了

下記の記入欄に必要事項をご入力の上、お申し込みください。
【必須】項目は必ずご入力ください。

お客様情報
お名前【必須】
フリガナ【必須】 ※全角カタカナ入力
会社名・学校名・団体名【必須】
部署名【必須】
郵便番号 ※半角数字入力
住所【必須】
電話番号【必須】 ※半角数字入力
メールアドレス【必須】 ※半角英数字入力
メールアドレス(確認用)【必須】

確認のため再度入力してください。

業種
提出先 御中
作成日
工事件名
工事場所【必須】
ゴビマットの希望設計計算
炭素繊維部材の設計計算
(複数選択可)
 
ゴビマット流れ安定計算

入力項目でご不明な点がある場合、また図面にて条件等をご連絡いただく場合は下記必須項目のみ選択いただき、下方の「検討要望」欄にご記入ください。折り返し弊社担当者よりメール、お電話にてご連絡いたします。

設置条件
設置位置
設置位置
設計条件
ゴビマットのタイプ 【必須】
代表流速m/s
護岸勾配
設計水位 m
ゴビマットのタイプ

<標準型>
流速のある河川等で使用されます。幅広い用途での使用が可能です。

<軽量型>
流速条件が比較的厳しくない条件で使う様に作られたタイプです。標準型と比較し経済性に優れております。

<平型>
開口率が比較的少なく、植生繁茂を比較的抑えたい場合に使われます。水路やため池の護岸工に適しております。

遮水型はフィルターシートに遮水機能を付与したブロックマットです。それぞれのタイプに対応できます。

検討要望

例)図面にて条件を提示したい。 護岸部と河床部の2ケース検討して欲しい。

ゴビマット法面滑り計算

入力項目でご不明な点がある場合、また図面にて条件等をご連絡いただく場合は下記必須項目のみ選択いただき、下方の「検討要望」欄にご記入ください。折り返し弊社担当者よりメール、お電話にてご連絡いたします。

設計条件
ゴビマットのタイプ 【必須】
法肩面 m
法面部(空中) m
法面部(水中) m
法勾配
必要安全率
アンカー計算

例) 下図のアンカーピン形状の場合、「直径1.6cm、長さ60cm、本数2本」とご記入ください。

材質
形状
寸法 cm
cm
土質データ  
N値
ゴビマットのタイプ

<標準型>
流速のある河川等で使用されます。幅広い用途での使用が可能です。

<軽量型>
流速条件が比較的厳しくない条件で使う様に作られたタイプです。標準型と比較し経済性に優れております。

<平型>
開口率が比較的少なく、植生繁茂を比較的抑えたい場合に使われます。水路やため池の護岸工に適しております。

遮水型はフィルターシートに遮水機能を付与したブロックマットです。それぞれのタイプに対応できます。

検討要望

例)図面にて条件を提示したい。

PC桁 曲げ補強検討の必要条件
設計条件
桁高さH1 = mm
下フランジ高さH2 = mm
下フランジ
テーパ部高さ
H3 = mm
下フランジ幅W1 = mm
ウェブ幅W2 = mm
上縁応力度N/m㎡
下縁応力度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望
RCT桁 曲げ補強検討の必要条件 【許容応力度設計】
設計条件
桁高さH = mm
桁上縁幅B = mm
桁下縁幅W = mm
床版厚t = mm
最下段鉄筋位置d1 = mm
2弾目鉄筋位置d2 = mm
圧縮鉄筋位置d' = mm
圧縮鉄筋断面積As' = mm
最下段引張鉄筋断面積As1 = mm
2段目引張鉄筋断面積As2 = mm
死荷重曲げモーメントkN・m
活荷重曲げモーメントkN・m
コンクリート許容応力度N/m㎡
引張鉄筋許容応力度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望
PC床版 曲げ補強検討の必要条件
設計条件
床版厚みH = mm
床版W = 1000mm
圧縮縁応力度N/m㎡
引張縁応力度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望
RC床版 曲げ補強検討の必要条件 【許容応力度設計】
設計条件
床版厚みH = mm
床版W = 1000mm
有効高さd = mm
圧縮鉄筋位置d' = mm
圧縮鉄筋断面積As' = mm
引張鉄筋断面積As = mm
死荷重曲げモーメントkN・m
活荷重曲げモーメントkN・m
コンクリート許容応力度N/m㎡
引張鉄筋許容応力度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望
PCホロー桁 曲げ補強検討の必要条件
設計条件
桁高さH1 = mm
下フランジ高さH2 = mm
下フランジ
テーパ部高さ
H3 = mm
下フランジ幅W1 = mm
ウェブ幅W2 = mm
上縁応力度N/m㎡
下縁応力度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望
RCT桁 せん断補強検討の必要条件
設計条件
桁高さH = mm
桁幅W = mm
有効高さd = mm
床版厚t = mm
不足せん断耐力kN・m
帯鉄筋許容応力度N/m㎡
コンクリート圧縮強度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望
PC桁 せん断補強検討の必要条件
設計条件
桁高さH1 = mm
下フランジ高さH2 = mm
下フランジ
テーパ部高さ
H3 = mm
H4 = mm
下フランジ幅W1 = mm
ウェブ幅W2 = mm
不足せん断耐力kN
帯鉄筋許容応力度N/m㎡
コンクリート圧縮強度N/m㎡
補強図面の作成協力について
検討要望

※お問い合わせの内容によっては、回答までに日数を要する場合や、回答できない場合もございます。
※本ページでは、クッキー(Cookie)を使用しています。クッキーとは、ウェブページを利用したときに、入力した情報などをお客さまがお使いのコンピュータに一時的に保存させる仕組みです。クッキーの詳細については、当社「サイトポリシー」をご確認ください。

個人情報の取り扱いについて

フォームにご入力頂いた情報は、お問い合わせへの対応、カタログ・資料の発送、サービス及び関連情報の提供等に利用させていただきます。また、当社のグループ会社あるいは三菱ケミカルホールディングスのグループ会社から回答させていただく場合もございます。
フォームにご入力頂いたお客様の個人情報は、当社「プライバシーポリシー」に基づいて厳重に管理いたします。