Overseas
  
  
  
  
  
  



Overseas

製品案内

ヒシタンク®ステンレスパネル型

仕様

■ステンレスパネル型 標準設計仕様

項目 標準設計仕様
静水圧 水位(m)×0.01MPa{0.1kgf/cm2}
設計水位 水槽高さ(呼称高さ)×0.9
※ 満水位(運転水位)の設定は必ず気相部(側壁パネル上端部より800mm以内、1.0mH及び1.5mHは300mm以内)にしてください。それより水位を下げて運転すると、水槽内部部材腐食のおそれがあります。
※※ ただし、1.0mHに限り構造上、満水位は85%となります。
地震 設計水平震度KH=1.0、1.5、2.0
設計垂直震度=設計水平震度×1/2
スロッシング設計用速度応答スペクトル値
Sv=150、375cm/sec
積雪 0.6×10-3MPa{60kgf/m2}(垂直積雪量30cm)
風圧力 1160N/m2
(平成12年度改正建築基準法に基く、大都市区域の係数を考慮した荷重。)
水温 常温(30℃以下)
*30℃以上で御使用になられる場合は別途お問い合わせ下さい。
水質(pH) 5.8~8.6

*上記範囲以外のものについては、特別設計となっております。別途お問い合わせください。
●水槽の保守・点検、清掃作業にあたっては、労働安全衛生法・同規則に則り安全に十分注意しておこなってください。
●三菱ケミカルインフラテックには、ガード付き外梯子や、天井部手摺りを別途用意しておりますので、 是非とも採用をご検討ください。
 
■ステンレスパネル型 型式表
形式 耐震グレード 気相部仕様 構造
TF型 水平震度KH=1.0
スロッシングSv=150cm/sec
気相部高耐食仕様 単板仕様
TSF型 複合板仕様
SF型 気相部標準仕様 単板仕様
SSF型 複合板仕様
TH型 水平震度KH=1.5
スロッシングSv=375cm/sec
気相部高耐食仕様 単板仕様
TSH型 複合板仕様
SH型 気相部標準仕様 単板仕様
SSH型 複合板仕様
TJ型 水平震度KH=2.0
スロッシングSv=375cm/sec
気相部高耐食仕様 単板仕様
TSJ型 複合板仕様
SJ型 気相部標準仕様 単板仕様
  複合板仕様

①気相部高耐食仕様では、天井部、および側板最上段パネルがSUS329J4L (オーステナイト、フェライトニ相系ステンレス綱)となります。
②気相部標準仕様では、すべてのパネルがSUS444(フェライト系ステンレス綱)となります。
③複合板仕様では、保温材に熱伝導率の小さい発泡ポリスチレンを使用しています。
④外部補強材は溶融亜鉛めっき仕上となっております。

特徴

 

耐震構造設計

 

 

保温性能

保温型「ボルト組立形」 ステンレスパネルタンク

結露を防止するために断熱性が要求される湿度の高い室内・極寒冷地や空調用途で保温が必要な場合にボルト組立形「複合板構造」ステンレスパネルタンクを用意しております。
複合板構造は、単板構造の外面と保温カバーの間に保温材(発泡ポリスチレン)を入れたものです。
保温性能/凍結開始時間

※ここに記載したデータは、規格などで定められている測定法で求めたもので、十分に信頼できるものと信じます。しかし、実際の使用においては、その適正さを保証するものではありません。

保温型「ボルト組立形」 ステンレスパネルタンクの複合板構造 単位:mm

標準部品・オプション部品

標準部品
 

注)改善のため予告なしに仕様・形状等が変わることがあります。
 

オプション部品
 

注)改善のため予告なしに仕様・形状等が変わることがあります。
受注生産品もありますので、納期等はお問い合わせください。

技術資料

施工事例

ヒシタンク Gパネル型ヒシタンク Gパネル型

ヒシタンク ステンレスパネル型ヒシタンク ステンレスパネル型

サーモストレージサーモストレージ

ヒシタンク 片槽毎更新ヒシタンク 片槽毎更新