会社情報About Us

社長メッセージ

代表取締役社長 福居 雄一

令和2年(2020年)4月より、
弊社は、三菱ケミカル株式会社の機能成形複合材事業およびアクリルシート国内営業と統合し、 また三菱ケミカルグループの株式会社アルポリックおよび菱琵テクノ株式会社を吸収合併し、 統合新社「三菱ケミカルインフラテック株式会社」として発足致しました。

これまで冷熱管材、設備機器、土木・防水補強材および物流資材等の市場分野において、 確かな技術力をベースに安全かつ快適な社会基盤づくりに貢献してまいりましたが、 さらに素材開発力や樹脂成形・複合化技術等を相互活用することでシナジーを創出させ、 材料から成形加工品に至るまで総合的な建築資材に関するワンストップサービス化を強化・推進し、 お客様に価値あるソリューションを提供する企業となることを目指してまいる所存でございます。

お客様のご要望に今まで以上にお応えし、安心、安全、快適をご提案できるよう、 三菱ケミカルグループとしての引き出しの多さ、幅広さを生かし 皆様の「KAITEKI」に貢献する会社としてご愛顧頂けるよう努めて参ります。
今後とも皆様の一層のご厚誼ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 福居 雄一

*「KAITEKI」とは、「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」を表し、
環境・社会課題の解決にとどまらず、社会そして地球の持続可能な発展に取り組むことを提案したMCHCグループオリジナルのコンセプトです。

企業理念・企業ビジョン

企業理念

確かな技術で安全・快適な
社会基盤づくりに貢献します

企業ビジョン

幅広い着想でチャレンジする
開発型オンリーワン企業をめざします

会社概要

会社名 三菱ケミカルインフラテック株式会社
Mitsubishi Chemical Infratec Co.,Ltd.
本社所在地 〒 103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-2-2 三菱ケミカル日本橋ビル
発足 2013年1月1日
代表者 代表取締役社長 福居 雄一
資本金 4億円 (三菱ケミカル100%)
事業内容 土木資材、防水補強、物流資材、アルミ樹脂複合板、工業用プレート、樹脂フィルム積層鋼板、住宅資材用途の合成樹脂製品、ウレタンシステム及び設備システム(受水槽、冷却塔、温水式床暖房システム)の製造・販売
組織図 組織図

所在地

本社 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-2-2 三菱ケミカル日本橋ビル
TEL.03-3279-3443(代表)
MAP
北海道支店 〒060-0807 札幌市北区北七条西4-3-1 新北海道ビル
TEL .011-700-4731(代表)
MAP
東北支店 〒980-0014 仙台市青葉区本町1-2-20 KDX仙台ビル
TEL .022-261-2334(代表)
MAP
中部支店 〒450-6419 名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング
TEL .052-565-3584(代表)
MAP
関西支店 〒541-0044 大阪市中央区伏見町4-1-1 明治安田生命大阪御堂筋ビル
TEL .06-6204-8889(代表)
MAP
九州営業所 〒812-0026 福岡市博多区上川端町12-20 ふくぎん博多ビル
TEL .092-262-5273(代表)
MAP
平塚事業所 〒254-8614 神奈川県平塚市西真土2-1-35
TEL .0463-22-8065(代表)
MAP
長浜事業所 〒526-8660 滋賀県長浜市三ツ矢町5-8
TEL .0749-65-5146(代表)
MAP
上田事業所 〒386-1212 長野県上田市富士山2471-1
TEL .0268-38-9511(代表)
MAP
開発センター 〒300-0332 茨城県稲敷郡阿見町中央8-3-2
TEL .029-887-1018(代表)
MAP

一般事業主行動計画

仕事と育児を両立している従業員のみならず、その周囲を含むすべての従業員が働きやすい会社を目指し、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成27年4月1日から令和2年3月31日まで
  2. 内容

    (1)雇用環境の整備に関する事項 1.子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備を行う。
    ◆育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備の実施。
    <具体策>
    ・男性の育児休業取得率を上げるため、制度の周知を行い、育児休業取得者の体験談等を社員間で共有する。
    2.働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備を行う。
    ◆所定外労働の削減のための措置の実施。
    <具体策>
    ・休日振替取得を促進するための制度を検討し、所定外労働(休日出勤)を削減する。

    (2)その他次世代育成支援対策に関する事項
    ◆地域において子どもの健全育成のための活動等を行うNPO等への労働者の参加を支援するなど、子ども・子育てに関する地域貢献活動の実施。
    <具体策>
    ・地域の幼稚園、学校における教育への貢献として職場見学の受け入れや職場体験の機会を提供する。